リファレンス

Trustalkでは通話のさまざまな箇所で「着信転送」や「音声再生」などのアクションを実行することができます。

例えば、通話が開始される前に音声を再生する、ひもづけ番号が有効ではないとき指定の電話番号へ転送する、受電側が未応答だった場合などに指定のテキストを読み上げる、などです。


設定方法
Step01

「アクションを追加」ページから任意のアクションを追加します。
アクションにはいくつかの種類があり、現在「着信転送(dial)」「テキスト読み上げ(say)」「音声再生(play)」があります。

Step02

「設定」ページから各シチュエーションで実行したいアクションを選択します。
※なにも選択していない状態だと「Trustalkデフォルト」となっております。
※選択肢は「Step01」で登録したアクションです。


設定方法 (例)

例)通話が開始される前に、会話が録音されていることをアナウンスしたい。

Step01
「アクションを追加」ページから「テキスト読み上げ(say)」でアナウンス内容のテキストを登録
タイトル:通話前の録音アナウンス
挙動  :テキスト読み上げ(say)
データ :この会話は、サービス品質向上のために録音されています。
Step02
「設定」ページの"呼び出し中"の項目に先ほど登録した「通話前の録音アナウンス」を選択します。

各挙動や、アクション実行場面の詳細については以下の一覧をご参照ください。

アクション 内容 データ形式
着信転送(dial) 電話を転送します。
ひもづけた電話番号の有効期限が切れている時に、ユーザーがTrustalk番号に発信をした場合、管理者に電話を転送する目的などで使用されます。
電話番号
テキスト読み上げ(say) 指定したテキストを読み上げます。
通話前やひもづけ期間期限切れの場面にて、発信者へ特定のアナウンスをする目的で使用されます。
テキスト
音声再生(play) 指定したURLの音声ファイルを再生します。
テキスト読み上げと同じ用途が想定されますが、こちらはよりクリアな音声、効果音を含めてアナウンスする目的で使用されます。
URL
各アクション実行場面 内容
呼び出し中 Trustalk番号に電話をかけた発信者が、受電側に転送される前に指定したアクションを実行します。
通話有効期限切れ 電話をかけた発信者の電話番号で、有効なひもづけが存在しない場合に実行されます。登録されたひもづけの期限が切れた場合と、そもそもひもづけられていない場合は等しく扱われます。